FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディリッチ砦攻略戦

Oblivion 2013-04-07 17-19-53-09





Oblivion 2013-04-07 17-20-09-20


ソーリープリンス。


Oblivion 2013-04-07 17-43-09-83





Oblivion 2013-04-07 17-44-27-34


「みんなよく聞いて。これから戦う相手はOWCND屈指のボスキャラとの噂があるわ。決して気を抜かないように」


Oblivion 2013-04-07 17-45-55-01





Oblivion 2013-04-07 17-46-49-84





Oblivion 2013-04-07 17-47-44-76





Oblivion 2013-04-07 17-49-05-27


「気合入れていくわよッ!」


「以下、ダイジェストと言う名の手抜きSSをご覧下さい♪」


Oblivion 2013-04-07 17-49-43-38


「でりゃあああああッ!!!」



Oblivion 2013-04-07 17-53-27-62


「砦内部には多数の強力なモンスターが湧いてきたのZE」


Oblivion 2013-04-07 17-56-26-29


「だがしかし、統率され1人1人が強力である我々に敵うはずも無く」


Oblivion 2013-04-07 18-03-37-31


「ついに僕達は最深部へと辿りつくのでした」


Oblivion 2013-04-07 18-04-01-43


「殲滅せよ」


Oblivion 2013-04-07 20-20-58-44


「あるみちゃん」


Oblivion 2013-04-07 20-26-15-46


「何さ?」


「これから敵情視察へ行くのですけど・・・お供して頂けまして?」


「敵情視察?」


Oblivion 2013-04-07 20-27-04-17


「ええ、敵情視察ですわ。ワタクシの大事な代行達を無駄に消耗させないために、ワタクシはいつも1人で偵察に向かっておりますのよ」


「別にいいけど・・・どうしてアタイを連れて行くワケ?」


「今先程も申し上げましたがワタクシの大事な代行達を無駄に消耗させないために、敵の戦力を知っておく必要がありますの。その戦力によっては戦法を変えたり、場合によっては戦闘を回避出来るようにします。ですが、万が一、敵に感づかれてしまった場合、ワタクシの足だと逃げ切れる自信がありません」


「そこで護衛としてあるみちゃんについて来て頂きたいのです」


Oblivion 2013-04-07 20-31-12-09


「それにあるみちゃんは我々にとって非常に強力な戦力です。偵察だけでなくそのまま殲滅が出来るかもしれません。ワタクシは自分の身を守ってくれる護衛が欲しい。あるみちゃんは吸血鬼ヴラドを1人で、独占して叩ける。・・・お互いに不利益は無いかと思いましてよ?」


「アタイが1人で倒しちゃってもいいってワケ?」


Oblivion 2013-04-07 20-31-44-23


「それは構いませんわ。逆にお客様のあるみちゃんが目立ってくれれば、ワタクシ達も嬉しいですもの。代行界最強を名乗るに相応しい事を皆様に証明出来ますし、ね」


「(こるって単に面倒を押し付けているだけじゃNE?)」


「(お客さんに自分の仕事を片付けさせるって異常だよね)」


「(友のこういう心の汚い所は直した方が良いと思うぞ・・・)」


Oblivion 2013-04-07 20-32-10-96


「オッケー♪アタイがヴラドをブッ叩いてやるってカンジ!」


「流石あるみちゃんですわね。では、早速!」


Oblivion 2013-04-07 20-32-43-97





Oblivion 2013-04-07 20-33-56-68





Oblivion 2013-04-07 20-34-58-08


「誰かいるみたいなカンジだけど?」


「あれはヴラドの花嫁かしら。ヴラドには2人の花嫁がいるらしいの」


Oblivion 2013-04-07 20-36-19-64


「あいつがヴラド・・・!」


「ダークパワーが宿ってそうなカンジ」


Oblivion 2013-04-07 20-37-40-00


「どうするワケ?カチコミかけるってカンジ?」


「いえ、彼らの戦闘能力も分からずに突っ込むのは余りにも愚策。彼らが散らばった時に1人釣ってみましょう」


Oblivion 2013-04-07 20-39-24-59


「何だテメーはよォォ!?ブッ殺されてえのかァァァ!!?」


「釣れたッ!すぐに裏世界でひっそりと幕を閉じさせてやるッ!!!」


Oblivion 2013-04-07 20-41-11-34


「って何こいつ!?全然ダメージが通らないジャン!!?」


「あぁーん?調子こいてんじゃねーぞ小娘がよォォ!!!」


Oblivion 2013-04-07 20-41-25-83


「あふん」










Oblivion 2013-04-07 20-50-50-63


「あっ!気がついたみたい。大丈夫!?」


Oblivion 2013-04-07 20-51-06-72


「・・・アタイ確か、あの吸血鬼に・・・」


「クイックセーブを使って時間を巻き戻しましたのよ」


「もう何でもありだな」


Oblivion 2013-04-07 20-54-32-50


「私の3代行最強の戦闘能力を持つ熊代行と同等の力にしたあるみちゃんが瞬殺・・・みんなもOWCNDの恐ろしさが分かったでしょう」


Oblivion 2013-04-07 20-54-49-46


「ちょっと!アタイは噛ませ犬にされたってワケ!?」


「しかも先程の相手はヴラドの花嫁、つまりは中ボスです。中ボスでこのレベルならヴラド本人は一体どれ程の力を持っているのか・・・」


「スルーすんなってカンジ!!!!1」


Oblivion 2013-04-07 20-54-59-29


「私達全員で戦えばヴラドを倒せるかもしれない。ですが倒せたとしても、必ずや犠牲が出る事でしょう。・・・もしかしたら逆に返り討ちに遭うかもしれません」


「私は管理人として、いや1人の純粋な乙女として大切な仲間を犠牲にしてまで勝利を得たくない。私の個人的な理由でみんなを傷付けたくない。だから・・・」








Oblivion 2013-04-07 20-56-09-72


「みんなはここから逃げて。ヴラドは私1人で何とかしてみるから」


「大切な仲間を失う位なら私1人の命ぐらい・・・」


「ふざけるな!!!」


Oblivion 2013-04-07 21-06-18-19


「たかが1回転がされた位で何を弱気になっているワケ!?あいつらをブッ飛ばすまで何度も挑めばいいだけジャン!世界を、ブログを管理する管理人さんがそんなんでどーすんだよッ!!!」


「あるみちゃん・・・」


「それに!このアタイがやられっ放しだなんて御主人に知られたら、きっと馬鹿にされるに違いないってカンジ!だからッ!世界の為にもッ!アタイのプライドの為にもッ!!ここで引き下がるわけにはいかないってワケ!!!」


「あるみっちの言う通りだZE。管理人っち」


Oblivion 2013-04-07 21-07-54-43


「ここで逃げたら世界の管理者失格だZE?俺っち達の大事な娘達、世界の為にも戦わなければだZE!」


「我々は友の代行。我々の剣は友の敵を倒すためのもの。友に仇なす者を倒す事に一切の躊躇いなど無いし、友の為ならばたとえ命を捨てる事になっても本望」


「僕らは各々の意思で君の下に集まっている。だから、君はただ一言『私について来い』と言えばいいんだ。僕らは友ちゃんが行く所へなら何処まででもついていくからさ」


「みんな・・・」


Oblivion 2013-04-07 21-11-07-94


「ありがとう」


「みんなの命、私に預けて」


「了解ッ!!!!!!(全員)」


Oblivion 2013-04-07 21-11-50-99


「では諸君、反撃といこうじゃないか」


なんやこの茶番!(憤怒)
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

プロフィール

りん

Author:りん
オブリとスカイリム中心でやってます。
時々音楽紹介やお菓子作り、やっている他ゲーも取り扱っております。


リンクはフリーです。どうぞご自由に。
ついった @rinato1222s

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ついった
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。